便秘解消!免疫力アップ!腸活

わたしの便秘人生

腸活ドットネットの管理人、すずきまりえです。

 

50代です。

 

わたしは幼いころから便秘気味でした。

 

原因は10年くらい前まで、まったくわかりませんでした。

 

典型的な文科系で、運動は体育の授業でやるくらい。

 

それでも高校までは、学校まで10分以上歩かねばならず、往復20分以上は歩いていたのです。

 

そのおかげか、便秘気味ではありましたが、数日に一度、出ることは出ておりました。

 

ダイエットで食事量が激減

しかし大学に入り、毎日歩くことがなくなり、おまけに急にダイエットに目覚めて食生活は極端な内容になりました。

 

この頃から、便秘は悪化し、便秘薬のコーラックに頼るようになり、下痢と便秘を繰り返すようになります。

 

食物繊維の入ったドリンクが登場すると、これをく飲み、夕食はヨーグルト500グラムという時代もありました。

 

おかげでダイエットはできましたが、便秘は悪化する一方です。

 

 

暴飲暴食で便秘と下痢を繰り返す

30代になると、忙しい仕事と暴飲暴食のために、便秘よりも下痢になりやすくなります。

 

ほっそりだったスタイルを維持するために、ミネラル成分の多いフランス産のミネラルウォーター「コントレックス」を毎日1.5リットル以上飲むことで、かろうじて便秘を予防していました。

 

このころはまだ、便秘が太る原因だと思っていたのです。

 

 

食事量が増えて便秘は改善、しかし急激に太りだす

そして40代になると、食生活に歯止めがかからなくなり、どんどん太りだしました。

 

抑えられていた食欲が解放されえたせいか、便通は改善し、ほぼ毎朝、お通じがありました。

 

これも、今思えば、偏った食事をやめて食欲のままに食べるようになったことで、逆に食事のバランスが良くなったから便秘が解消されたのだと思われます。

 

シャワートイレの刺激なしでは出ない身体に

しかし、生来の便秘気味に変わりはなく、週に数回はお通じが悪くなり、トイレにマンガを持っておこもりするのでした。

 

トイレに30分以上ということが当たり前になっていましたが、毎日出ないと気持ちが悪くて、粘ってできる限り出してしまうようにしていました。

 

「シャワートイレでなければ出ない」

 

という人は、便秘に悩む人に多いのですが、シャワートイレの刺激で便通が促進されたのは40代まででした。

 

出口付近でかたまった便が!

50代にはいり、毎日の散歩もせずに運動不足の日々が2週間以上つづくと、肛門の出口付近に、硬くかたまった便がとどまるという便秘になりました。

 

これは苦しいうえに、改善の方法がなかなかありません。

 

この経験から、歩いて腸を刺激することや、腹筋を鍛えることが便秘の改善につながることがわかりました。

 

簡単ではありますが、ここまで、管理人・すずきまりえの便秘人生を書いてみました。

 

腸活すると便秘解消!免疫力もアップ!!

そんな私ですが、さまざまな便秘解消法に挑戦して、いろいろな知識が増えてきました。

 

そして、便秘を解消するための生活にたどり着いたのです。

 

これを「腸活」とここでは呼びます。

 

腸活ドットネットでは、便秘を解消する方法について、便秘薬に頼るような対症療法ではなく、長期的に改善できるような方法を紹介しています。

 

なぜなら、若いころは対症療法でもよかったのですが、50代になり、腸内環境が健康で健全な状態にあることと運動、そして冷え症と便秘との関係性にも気づいたからです。

 

50代を過ぎると、男女を問わず、便秘に悩まされると聞きますが、その原因が腹筋をはじめとする筋肉の衰えが原因だということも、父の介護を通じてわかってきました。

 

私自身の経験と、父や母の介護を通じて得たつたない知識ではありますが、便秘になってしまう原因とその解決策について、このサイトに書いていくことで、少しでも多くの方が便秘から解放され、快適な生活を送ることができればと願っています。

 

 

こちらもお読みになってみてください