便秘解消!免疫力アップ!腸活

腸内環境と腸内フローラの違い

腸内環境は、食事、腸管機能、腸内フローラの3つの要素で構成されています。

 

腸内フローラは、腸内環境のひとつの要素であり、腸内環境のことではありません。

 

大腸の壁の内側にはひだがあります。

 

このひだのなかに、腸内細菌がすみつき、フローラ(細菌叢)という群れをつくります。

 

フローラに住む腸内細菌は、食事の栄養分をもとに、発酵して増殖します。

 

発酵とは?

微生物がエネルギーをつくりだすために、有機化合物を分解して、アルコールや二酸化炭素などをつくる過程のことです。

 

腸内細菌が増殖してつくられるもののひとつに、オナラがあります。

腸内細菌がつくる免疫機能

腸内細菌は、食物繊維の一部を短鎖脂肪酸(酪酸)という物質に変えて、大腸の粘膜上皮細胞のエネルギーにします。

 

これによって、外部から侵入した病原菌が腸内で増えることを抑止し、防御します。

 

食物繊維がなければ、短鎖脂肪酸(酪酸)はつくられにくくなるため、食事で食物繊維を摂取することは、免疫機能とも大きく関係しているといえます。

 

善玉菌、悪玉菌と日和見菌

腸内細菌は、善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌など)、悪玉菌(ウェルシュ菌など)、善玉にも悪玉にもなる日和見菌の3つにわけられます。

 

善玉菌と悪玉菌はつねに勢力争いをしており、食事内容やストレスなどで、善玉菌が優勢になったり、悪玉菌が優勢になったりします。

 

日和見菌は、優勢になったほうに加勢するため、悪玉菌が優勢になると、いっせいに悪玉菌になってしまいます。

 

悪玉菌が多くなると、腸のぜん動運動が弱まります。

 

腸のぜん動運動が弱まると、腸の内容物が腐敗しやすくなり、毒素や発がん物質が作られるようになると指摘されています。

自己免疫疾患と腸内細菌

アレルギーを持つ人が増えていますが、アレルギーとは自己免疫疾患の一種です。

 

自分の身体をまもるための免疫機能が、自分自身の細胞を異物と判断して攻撃することから、自己免疫疾患はおこります。

 

多発性硬化症や関節リウマチ、潰瘍性大腸炎、クローン病などのような難病も含まれています。

 

自己免疫疾患の患者さんの腸内細菌の中で、ある特定の細菌が極端に少なかったり、極端に多かったりすることが、最近になってわかってきました。

 

クロストリジウム菌がつくる免疫のブレーキ役

強度のアレルギーをもつ人や、自己免疫疾患の患者には、クロストリジウム菌が少ないことがわかってきました。

 

このクロストリジウム菌は、腸内で「Tレグ(制御性T細胞)」を作り出しています。

 

免疫の機能として、人体に侵入してきた異物を攻撃して撃退することは知られています。

 

しかし疫機能には、興奮して自分の細胞や組織まで攻撃するようになってしまった免疫細胞をおとなしくさせることができる、ブレーキ役がいることがわかってきたのです。

 

このブレーキ役が「Tレグ(制御性T細胞)」なのです。

 

クロストリジウム菌は、食物繊維から酪酸を作り出します。

 

酪酸は、腸の免疫細胞に落ち着くようになるメッセージを伝えてくれるのです。

 

つまり、食物繊維が豊富な食事を摂らないと、クロストリジウム菌が酪酸をたくさん作ってくれなくなり、自己免疫疾患を引き起こすと考えられているのです。

 

「NHKスペシャル「人体」 万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった」
https://www.nhk.or.jp/kenko/special/jintai/sp_6.html

 

アレルギーの9割は腸で治る! (だいわ文庫)
by カエレバ

こちらも読んでみませんか